何故東京の納骨堂が人気なのか?ポイントを押さえておこう!

墓地

墓地と比較する

骨壷を持つ男性

想像以上に色々お金が必要になってくるのが、葬儀の特徴だと言ってもいいでしょう。そして必ず決めることになるのが、「墓地」を利用するのか「墓地を利用せずに納骨堂だけ」を利用するのかだと思います。基本的にはお墓を建てる際に、永代使用料や墓石建築費用、そしてそれを管理する費用と、ややこしいですが少なくともこれらが必要になってきます。永代使用料は大体東京都内であれば100万円以上します。ちなみに郊外であれば半額で済みます。また、墓石を建てる際には当然墓石自体に掛かってくる値段に加えて、土地代や工事費などを含めて大きく費用が重なってきますので、これらすべて総額すると数百万円以上は絶対に用意しておかなければいけません。管理費用に関しては年間10000円以下で大丈夫ですが、この管理費というのは特別に墓石を綺麗にしてくれたりするわけではないので、勘違いしないようにしましょう。こうした事実を知ってしまうと、正直なかなか手が出にくいかと思います。なので東京にあるサービス豊富な納骨堂だけを利用するのが一番良いといえるでしょう。ご参拝も楽になりますし、なんといっても今なら120万円で永代使用権や永代供養、その他もろもろ必要となる物一式をすべて行ってくれるので、これほどお財布に優しい納骨堂は東京以外ではけして見ることはないと言ってもいいです。お金に一切の余裕が無く、生活を維持するのに精一杯な人は、墓地を利用せずに納骨堂単体で考えてみましょう。