何故東京の納骨堂が人気なのか?ポイントを押さえておこう!

墓地

利便性抜群です

手を合わせる女性

これから納骨堂に求められる事は、やっぱり立地条件と手軽さだと思います。今東京にある某納骨堂では、あなたがどこに住んでいてどんな生活をしていても、楽に行けるように建てられています。

お墓から納骨堂へ

葬儀場

「遠い田舎にあるお墓を引き払って、遺骨を東京に連れてきて納骨堂に納めたい」
何だかわるいことをするようなイメージがあるかもしれません。墓を開けて遺骨の入った骨壷を取り出し、東京に持ってきて納骨堂におさめる。確かにこの一連の行動を、家族と何の関係もない人がどこにも許可を取ることなく行えば、いくつかの法律違反を犯すことになるでしょう。
しかし、遺族が、お役所に申し出て許可をもらって行う限りは、墓を開けても、そこから骨壷を取り出しても、東京に移送しても、法律には抵触しません。
むしろ、納骨堂への移送は、現在さかんに行われています。東京には綺麗な納骨堂がたくさんあるし、若い人が東京に続々と出ている今、墓だけが田舎に残っているという家族も多いのです。
気になる移送の方法ですが、お役所と田舎のお墓、新しくおさめる納骨堂でさまざまな手続きが必要になります。田舎のお役所で申請用の書類(改葬許可申請書)をもらい、お墓の面倒を見てくれているお寺の署名をもらって、今度は東京の納骨堂で書類(使用許可証)をもらいます。
お寺の署名をもらった申請書と、納骨堂でもらった許可証を持って田舎のお役所に再び行くと、今度は「改葬許可証」を出してもらえます。これで、準備は完了です。
その後、田舎のお墓から遺骨を取り出すためにお坊さんにお経を読んでもらって、ようやく遺骨の入った骨壷は田舎を出て、東京に行くことができます。田舎の役所が出してくれた許可証を添え、骨壷を持っていくと、晴れて納骨堂へおさめることが出来るようになるのです。

墓地と比較する

骨壷を持つ男性

人間は突然亡くなるものです。そして家族が亡くなった時は安定した精神状態が保てなくなることが多いので、事前にしっかり知識を入れておいて、いざという時に備えることが必要です。

神聖さを感じられます

合掌

長くお付き合いすることになる納骨堂ですから、亡くなられた方の事も考えるとできるだけ素敵な場所で永代供養をしてあげたいですよね。最高のステージを用意してあげましょう。